IP電話を会社に導入するには

IP電話とは、VoIPと呼ばれるネット回線を利用して音声データをやり取りする技術を活用した電話のことです。プロバイダが用意したネットワークを使っている電話サービスのことをそう呼びます。IP電話を会社に導入するメリットとしては、何と言っても通話料が従来の電話よりも安いという点があります。また、電話回線を引く必要がないのでテレワークが増えて来た今は、会社の電話を会社にいなくても取れることが利点になっています。

コスト面を抑える為に導入する企業が殆どですが、まずは業者を選ぶときにコスト面を考えましょう。従来の固定電話と比べれば料金は安いですが、その中でも差があり、品質や機能が同等でもより安い料金体系が存在します。IP電話の通話料金は、かける相手や地域によって差がでる為、すべての料金体系を詳しく調べ、複数業者と比較することがお勧めです。また、IP電話は導入後のコストは抑えられますがハードウェア型であれば初期費用が発生しますし、ソフトウェア型ならシステムを構築する為に時間と費用が掛かります。

どこにコストを掛けたいのか、しっかりと見定めることが重要です。次にIP電話を導入するにあたって機能面から考えていくことが大事です。機能も運営業者によって異なります。テレワークでの利用を考えている場合は、スマートフォンを利用する内線化機能、パソコンの画面から利用できるPC連帯機能があるかなどを確認してから選びましょう。

IP電話のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*