IP電話の特徴とメリット

IP電話は、IP(InternetProtocol)という通信方式を利用した電話サービスで、一般の電話回線に比べて通信料が比較的安いことで注目を集め、近年ではビジネスシーンで広く活用されています。基地局を経由して相手に声を伝える従来の電話とは違い、インターネットに接続して音声を届ける通話方法で、メールと同じように声をデジタル化して相手のもとに届け復元することで、通常の通話と同じように品質を維持します。アナログ回線が主流だった頃は、ダイヤルにより電話交換機に相手の電話番号を伝え、各地にある基地局を経由して通話が行える仕組みだったので、相手との距離が遠いと通話の品質が低下し、通話料金は高くなっていました。しかし、IP電話は音声がデジタル化されインターネットで相手の元まで届けてから音声に復元するので、距離が離れていても品質が低下することはありません。

多くのプロバイダーが、通話料金を一定にしたり無料としており、一般的な電話回線より割安な料金で通話ができます。海外との通話の場合は、IP電話のサービスによって料金が変わってくるので注意が必要となります。基本料金が安いだけではなく、同じプロバイダー同士であれば通話料が無料になることが多く、フリーダイヤルにかけることができる場合もあります。IP電話を利用する際は、電話をかける相手もアプリのインストールが必要で、一般電話との通話はできないため災害などの緊急時に弱いというデメリットもありますが、普段の電話として使うにはとてもお得なサービスといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*