通信費削減に貢献するIP電話

多くの企業にあっては事務費の削減が経営課題の1つとなっていますが、中でも重要なのが通信費の削減です。電話によるコミュニケーションはビジネスに欠かせない要素ですが、少しでも電話代を節約できるのであればそれに越したことはありません。そんな中、注目を集めているのがIP電話と呼ばれているサービスです。通話料が割安で、初期費用も抑えられるので、導入する企業等が増加しています。

IP電話のIPとは、インターネット・プロトコルを表す略語です。つまりIP電話は、インターネットを利用した電話サービスということになります。簡単に言えば、音声信号を画像や文書データなどと同じようにインターネット回線を通じてパケット通信方式で送信します。電話専用の回線を利用する必要がないので、通信コストは安く済みます。

実際にIP電話の料金表を見てみると、固定電話にかける場合、携帯電話にかける場合のいずれも通話料金は固定電話・携帯電話のどちらよりも安く設定されています。さらに、事業者によってはIP電話同士の通話は無料で提供しているケースもあります。これを上手に活用すれば、月々の通信費を大幅に削減することが可能になります。導入に当たっての初期費用が安く済むのも、このサービスの大きな利点です。

固定電話のように加入権を購入する必要はありませんし、すでにインターネットが使える環境が整っていれば新たな工事費用もかかりません。必要な接続機器も、レンタルで使用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*