IP電話を使えるようにするにはどんなものが必要か

050からはじまるIP電話を使えるようにするためには、まず対応している機器を用意しなければなりません。用意する方法には、家電量販店などでIP電話対応と明示されている製品を購入する方法と、通信会社に申し込んで製品をレンタルをする方法の2つがあります。前者はそれなりの出費にはなりますが、自分自身のものとなるため自由に使えるのに対し、後者は月々数百円の負担で使い続けられますが、IP電話をやめたときや契約に違反する使い方をしたことがわかったときは返却が必要になります。IP電話を利用するための通信環境が無い場合は、工事を実施しなければなりません。

サービスに申し込む際に回線の調査が実施され、通っていない場合に工事を行います。通信会社から日時の指定を求められるので、都合の良い日時の中から決めて伝えましょう。すると、指定した時間に通信会社の作業員が配線や機器設置などの作業を行ってくれます。工事料金は、後日通信料金と一緒に請求されるのが一般的です。

IP電話を使えるようにするために必要となるものは、以上の通りです。あとは、ユーザー側で基本的な設定を終わらせれば、通話が可能になります。必要なものが揃っているのにもかかわらずサービスが使えない場合、大抵の原因は設定を間違えているか、用意した機器に不具合が発生しているかのどちらかです。前者の場合は説明書を読み返して再度設定をし直し、後者に該当する場合はできるだけはやく新しいものと交換しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*