IP電話の特徴と従来型のアナログ回線との違いとは

最近の企業ではIP電話を導入する所が増えているようですが、このIP電話とはそもそもどんな特徴やメリットがあるのでしょうか。このシステムはインターネット回線を使用した電話サービスといったジャンルで、従来型のアナログ回線ではなく、音声信号をネット回線でやり取りする方式ですので、もともとの通信の方式が違うのです。その他にもアナログ電話との違いがいくつかありますが、まず気になるのが通話料金の部分でしょう。従来型のアナログ電話の場合は、かける相手が遠方であるほど通話料が高額になるといったシステムです。

しかしIP電話はネット回線を使いますので、距離に関係なく料金は一定となっているのです。その他の違いとして分かりやすい部分があり、それが電話番号となります。アナログ電話であれば各市外局番から始まる番号を使用しますが、このシステムのケースでは050から始まる番号という具合に統一されています。さらに通信品質の部分も特にチェックが必要な項目になりますが、アナログ回線は音声通話専用の回線を使用しているため、IP電話と比較して通信品質が安定しているというデータもあります。

これは改善点でもあり、デメリットの1つにもなりますが今後の改善が期待できそうです。このようにIP電話の特徴を一部ですがお伝えしましたが、大きなメリットとして気軽に導入できて、通話料金が安いと言った部分が大きいです。電話機を新たに購入する必要もありませんので、導入もある程度スムーズにできる点も特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*